「マンションを古民家風にリフォーム」というと驚かれる方が多いと思います。
鉄骨・鉄筋の構造の中に木の風合いがどのように生かされるのか?
マンションというスタイルに古い物がどのようによみがえるのか?
けれど埼玉県内の浦和・大宮といった中心部の駅近くのマンションで、
古民家風にリフォームした現場は見学いただいた方からも大きな反響をいただきました。
マンションは、既存の壁などを撤去し完全にスケルトンにします。
キッチンやトイレなどの水廻り位置なども間取りに合わせて出来る限り移動します。
そして、光と風を取り込めるあたたかみのある間取りに変更します。
建具は部分的に千本格子を使いますが、それに合う、最新の開き戸なども併用します。
壁も部分的に珪藻土を塗りますが、クロスも使います。
床も無垢の杉板に張り替えます。
そこに現代の住宅に使われるものも上手にあわせていきます。
設備(キッチン・トイレ・洗面・浴室)は、色合わせをした上で、最新のものを。
古い物と新しい物を融合させて、今の生活をさらに良くした上での古民家でありたいのです。

TOPへ戻る